ボストン 茶会 事件。 ボストン茶会事件とは|アメリカがコーヒー派になった理由

茶会 事件 ボストン

🤗 紅茶と歴史の関係を考えながら紅茶を飲むひとときも興味深いですね。 次は武力です。

8
茶会 事件 ボストン

👍 「The History of North America(1789年刊)」より船を襲撃して積荷を投げ捨てる様子。 このように、明とはそれなりの勝負はできているので、 本格的に準備をすればいい勝負はしたと思います。 両者の緊張は一気に高まり、翌1775年4月19日、ボストン郊外のレキシントンとコンコードにおいて、ついにイギリス軍と植民地の民兵が衝突するという事態が発生します。

16
茶会 事件 ボストン

😈 1773年12月、茶を積んだ東インド会社の貿易船がアメリカの4つの港に到着するが、陸揚げされなかったり、倉庫に実質的に封印されるなど、実際には販売されなかった。 そこまでお金ないのかい!って感じです。 どうして重要?:アメリカ独立戦争のきっかけとなったから 不思議な名前の事件だと思っていましたが、 「今夜、ボストン港をティーポットに!」 この言葉がティー・パーティーという名前の元になっているのですね。

13
茶会 事件 ボストン

☏ しかし1773年12月16日、停泊中の船を革命派グループが襲撃します。 2013年12月、僕は当時付き合っていた彼女と決別した。 英語ではBoston Tea Partyという。

茶会 事件 ボストン

👍 そこでイギリスは 負債を植民地から回収するという考えに至った。 財政に窮したイギリスは、アメリカの植民地からお金をとろうと考えました。 ですので、東インド会社の関税撤廃には納得がいかなかったのです。

11
茶会 事件 ボストン

🚀 ネットがあれば出たでしょうが。

14
茶会 事件 ボストン

👇 しかしイギリス、凝りません。 それは『ボストン茶会事件』です。 ですが、イギリスは中国に輸出するものが少なかったので、お茶を手に入れるため仕方なく「銀」で支払いをしていました。

20
茶会 事件 ボストン

👐 これは、イギリス政府にとっても大誤算であったことはいうまでもありません。 さらにその20年後に再びおきたイギリスとの戦争 英米戦争 によって、両国の貿易は完全にマヒしてしまいました。 余談ですが、「イギリスからの紅茶を買わない」というアメリカの風潮は、のちに紅茶不買運動に発展します。

16
茶会 事件 ボストン

🐝 ボストン茶会事件 ボストン港にイギリスのお茶を投げ込んでやれ〜! です。

17