46cm 三 連装 砲 改。 46cm三連装砲

連装 砲 改 46cm 三

😎 一番艦及び二番艦が大戦中に就役している。 3連装主砲の前後配置 の4種類である。 5cm三連装副砲改という上位装備もありますが、ここにコストをかけるなら他に回しましょう。

連装 砲 改 46cm 三

☯ 「武蔵」の射撃訓練に立ち会った(海軍大尉、航海士)は、艦橋トップにいて主砲爆風を体感し、帽子を吹き飛ばされるところだったと回想している。

連装 砲 改 46cm 三

👉 信濃の三番砲塔を調査した米軍は「日本独自のもので、英米戦艦より簡略な構造で機能する。

8
連装 砲 改 46cm 三

😝 実は46cm砲輸送専用艦ってのまである。 一方で艦内被弾や、爆弾投下に於ける被弾の復旧や消火に関しては、泡状の消火剤の噴射や、各種消火水に、防火防壁に加え、強制注排水により、弾薬庫の引火を抑えるシステムを設けていた。

4
連装 砲 改 46cm 三

🙃 これは、軸馬力に換算すると11,000馬力出力が大きい機関を搭載したのと同じ効果をもたらした。 このほかに弾体強度を強化したという説もあるが、定かではない。

連装 砲 改 46cm 三

🤐 大和に戦艦山城の飛行長が乗っており、10月25日未明に大和を発進したという証言もあるが 、大和・武蔵が実際に搭載していたのは長門所属機である。 、、で大和は米軍機の投下する魚雷、爆弾の多くをかわす事に成功している。

連装 砲 改 46cm 三

🤩 能村の回想にあるように、戦闘中の副長は防御指揮所にいた。 ただし、艦内各部から発生する騒音により、聞き取りにくくなることも多く、特に主砲塔回転時の水圧機の騒音は妨げになったと言われている。 副砲 [ ] 「大和」の副砲塔 世界最大の副砲。

4
連装 砲 改 46cm 三

😉 解説は長いので折りたたみ 新型砲熕兵装資材で改修できる装備の補足を開く 主砲 中口径・大口径 8inch三連装砲 Mk. 魚雷の爆発によって生ずる船体構造材等の破片(スプリンター)は、空層防御では3m付近まで相当の破壊力を持ち、防御板、及び水防隔壁に孔をあけてしまう可能性が大きいが、液層防御ではその威力を大いに減じることができる。 装備ボーナス補正もあるので三式弾に比べ火力+5~6程度見込めます。

19