吉野 作造。 吉野作造

作造 吉野

⚔ '28中央公論社顧問に就任。 『支那革命小史』『現代の政治』など著書多数。 そうして、1916年1月『中央公論』に代表論文「憲政の本義を説いて其 その 有終の美を済 な すの途 みち を論ず」を発表、以後、続々と『中央公論』に「民本主義」の政論を発表して、一躍論壇の寵児 ちょうじ となる。

8
作造 吉野

😎 初めて読んだ漢文の書物は『皇朝史略』で、二人の姉から読み方を教わった。

作造 吉野

😩 「吉野先生を記念する会」会員。 (永澤さん) 憲法学者の原秀成先生が、2004年3月に発行された大著『日本国憲法制定の系譜1 戦争終結まで』(日本評論社)の中で、初めて吉野作造の軍部批判が、日本国憲法制定に影響を及ぼしていたことを明らかにされました。

19
作造 吉野

👣 この時の民本主義主唱とその後の厳しい実践活動は当時の日本社会における新たなデモクラシー思想の普及という点で、その理論的根拠とされて巨大な力を発揮したと言える。 ちょっと紹介してみます。 政党並びに民衆は、大正元年(1912年)12月21日、後継の内閣となった長州閥の第三次桂太郎(1847年~1913年)内閣に対して反発し、「閥族打破・憲政擁護」を掲げて、いわゆる第一次護憲運動を展開しました。

4
作造 吉野

🤔 ドイツのハイデルベルク大学で学び、その後オーストリアのウィーンで労働党のデモンストレーションを研究します。 この言論抑圧事件が起きた時多くの新聞や雑誌は沈黙していたといいます。 この加藤内閣のもとで、悲願であった普通選挙はついに実現を迎えます。

作造 吉野

🙃 吉野は念願の日本の「善政」が始まったと思ったことだろう。

作造 吉野

🐾 原先生は、このように、吉野と日本国憲法の直接的な関連を探知された他に、吉野が深く関係した明治文化研究会や吉野から学問上大きな影響を受けた鈴木安蔵についてくわしく、その大著で紹介されています。