三峡 ダム 変形。 中国の公式メディアは三峡ダムの「変位、浸透流、変形」を認めた

変形 三峡 ダム

⌚ 全会一致が基本である全人代において、これほどの反対・棄権が出るのは異例のことである。 ということで、ネットで調べてみたところ、次のような数字でした。

8
変形 三峡 ダム

🔥 するとこの閉じている門は三峡ダム221億立方メートルの水に耐えなければならず、いったん水門に問題が生じたら、ダムの水が一気に流れる。 もう責めるのをやめよう」という見出しを出し、三峡ダムの水位状況を伝えていたが、中国ネット民は、三峡ダムが既に「終了」したことを意味しているのか?と驚きを隠せなかった。

3
変形 三峡 ダム

✊ 省政府は同日午後3時、水害の応急対応レベルを最高レベルの1に引き上げた。 当該景勝地を管轄しているのが「宜昌三峡大瀑布風景区有限公司」である。 世界で最大のダムとされる中国の三峡ダムが2009年の竣工後、10年を経て、ダムの基礎部分の変形が目立っているという。

7
変形 三峡 ダム

😭 これらの水没した地区のうち、都市区域においては、隣接した斜面や山の上に新市街が建設され多くの住民が移住した。 1 三峡ダムには洪水防止の機能はない。 記事は、豪雨により三峡ダムの水位が18日現在で160.17メートルに達し、警戒水位を15メートル余り超えていると紹介。

6
変形 三峡 ダム

☝ 」 また、三峡大瀑布風景区の一時営業停止は過去にも同様のことがあったかと質問したのに対しては、同風景区が営業を開始して以来初の事態であるとのことであった。 この黄万里教授の訴えが正しかったとしたら、世界最大のダム、三峡ダムは、いつ決壊してもおかしくない状況です。 堤高185mである三峡ダムの最高水位は海抜175mに設定されているが、毎年6月ごろに海抜145mあたりまで水位を減らし、増水期に備える。

2
変形 三峡 ダム

🚀 長江の輸送可能量が増加することによって物流が円滑になり、中国政府の進めるの起爆剤となることが期待されていた。 19日午後8時、三峡ダムに流れ込む水の量は1秒当たり4万6千立方メートルになり、洪水ピーク流量1秒当たり6万1千立方メートルより、1万5千立方メートル少なくなった。 当時の設計や資材に照らせば、どんなに多く見積もっても50年しか使えない」というもので、「三峡ダムの建設に使用した鉄筋やコンクリートには使用期限があり、長時間の雨水の浸食や浸透を経て一定の損傷が発生し、最終的には三峡ダムは崩壊するだろう」と断定していた。

変形 三峡 ダム

😆 さらに今年は三峡ダムに亀裂が入っているといったデマも流れたと主張しつつ、中国工程院の王浩氏は「三峡ダムの安全性には何ら問題は生じていない」と述べ、なぜなら三峡ダムは「1万年に1度の大洪水ですら防げるよう設計されているため」だと主張した。

1
変形 三峡 ダム

🤔 記事はまず「三峡ダムの安全性」について、「毎年増水期になると、三峡ダムの安全性をめぐって様々な噂が飛び交うものだ」と伝え、過去には「三峡ダムが変形している」という噂が飛び交ったと紹介。

変形 三峡 ダム

🐾 2020年7月20日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、豪雨により警戒水位を突破している三峡ダムの安全性に疑問の声が出ていると報じた。 この黄万里教授は、「水利事業の良心」とも呼ばれる有名な方でした。