綿流し編 ネタバレ。 ひぐらしのなく頃にのネタバレ解説まとめ

ネタバレ 綿流し編

🖖 しかも、両親が他界した後、叔父と叔母が二人の親代わりとなるが、この二人がひどい人格の持ち主だった。 また、綿騙し編でのちゃんの対応は全く違いました。 最終的に麗奈と詩音を殺害してしまいます。

10
ネタバレ 綿流し編

😔 そして、それを楽しんじゃうという悪役ぶりがトンデモナイ。

ネタバレ 綿流し編

⚒ 圭一が事件の概要を知ってしまったことを機に雛見沢を舞台とした惨劇が幕を開け、ついに村では殺人事件が起きてしまう。 なので最後に幻覚を見てしまった。

8
ネタバレ 綿流し編

❤ 寝る間も忘れてドハマリしました。 〇 これらを踏まえての今後の惨劇予想〇 綿流し後、が村長、詩音を監禁。

13
ネタバレ 綿流し編

👏 綿騙しでもあった《 入れ替わり》が今回のキーになる。 当初は合本購入者を対象に公式サイト上で本作の「お疲れ様会」を追加するの配布が予定されていたが、諸事情により中止となった。

3
ネタバレ 綿流し編

♨ ちょっと気になって、 DNA鑑定による本人特定について少し調べてみたんですが、この事件(昭和58年)当時は、その技術がなかったようです・・・。 雪絵は妊婦だったので病院に入院していたが、階段から落ちて死亡した。 普通に楽しむ場合は順番どおり見るのがおススメです。

8
ネタバレ 綿流し編

😉 圭一は重度の雛見沢症候群にかかっていた、ということです。

18
ネタバレ 綿流し編

🌏 わたくしの予想としては、 新作では解答編の目明し編はなし、あっても全く違う形になると思っています(目騙し編ってなんか語呂も悪いですしw) とはいえ、あくまでこれはわたくしの予想なので、もしかしたら目明し編がベースとなるかもしれないですし、またそうならないとしても今回の解説ではまだ新作では語られてない部分にも触れる形になります(そうしないと全容が解説できないので) なので、そういったネタバレが嫌な方はここでストップしてください。 他の誰かが惨劇を起こすことは考えることはできます。

17
ネタバレ 綿流し編

😚 興宮の街を仲良く歩く圭一と詩音、そこでバッタリと魅音に出くわし、初めて圭一は魅音には双子の妹の詩音がいることを知るのでした。 結果的に鬼隠し編とは違う進行には入りましたが、しかし惨劇は起きました。