コロナ 予防 接種 妊婦。 ファイザーのコロナワクチン接種、妊婦は「慎重投与」で検討 厚労省

接種 妊婦 予防 コロナ

☭ あらかじめ優先順位を決めるのは、ワクチンが開発されても当面は供給量が限られるため。 危惧される有害事象よりも、その効果のメリットを優先すべきである。

接種 妊婦 予防 コロナ

🤭 5 妊娠を希望される女性は、可能であれば妊娠する前に接種を受けるようにする。

10
接種 妊婦 予防 コロナ

✌ 妊婦を一律対象外とする「禁忌者」とせず、他の人よりもリスクが高いことを示す「慎重投与」とする方向だ。

7
接種 妊婦 予防 コロナ

⌚ 患者さん一人一人の背景が違いますので、まずは産婦人科の主治医と十分にご相談ください。 厚生労働省が1月に公表したスケジュールによれば、接種はまず医療従事者が優先され、4月以降に高齢者、高齢者施設の従事者や基礎疾患のある人、60~64歳の人へと対象が拡大。 がん、慢性呼吸器疾患、慢性腎臓病、糖尿病、心血管疾患などが想定されている。

12
接種 妊婦 予防 コロナ

☕ 一般の人がワクチン接種の対象になるのは春以降のため、接種を希望するかどうか今すぐに判断する必要はありませんが、現時点で出ている情報を整理してみましょう。 米国の医療専門家はまた、新生児にとって命の危険がある百日咳のワクチンの接種も勧めている(編注:米国で推奨しているワクチンTdapは日本では未承認)。 しかし、妊婦の重症化リスクは、高齢者や心臓病を患っている人など他の高リスクグループに比べて低い。

接種 妊婦 予防 コロナ

👐 現時点で、 16歳未満の子どもと妊娠中の女性は、予防接種法に基づいて接種を受けるよう努める「努力義務」の対象から外れることになりました。

4