往々 にし て 意味。 「往々にして」はどんな時に使う?正しい意味と使い方や例文を紹介

意味 て 往々 にし

⚠ ここでは、ついやってしまいがちな「往々にして」の間違った使用例を挙げていきます。 そのような文章のなかで悪い意味を持っているものに「往々にして」を使うことができるんです。

5
意味 て 往々 にし

☣ 「時として」は「時々ある」程度の頻度を示すことができます。 「多くのこと」「いろいろなさま」などの意味があり、「諸々に事情があり欠席します」などと使います。

5
意味 て 往々 にし

💕 「往々」の 正式な表記は「往往」です。

1
意味 て 往々 にし

✇ 「ややもすれば」も、「往々にして」と同じように「起こってほしくないことが起きてしまう」というマイナスなニュアンスで使用さます。

1
意味 て 往々 にし

💔 「往々にして」の言葉の使い方• お金を稼いでもどんどん出ていってしまう相です。 どの位置にあるのかによって意味が異なりますが、大きくて盛り上がったほくろであるほど、その意味合いを強めます。

8
意味 て 往々 にし

👉 特に使われることが多い「ゆく」といった意味の他に、去った人や死者、過去やかつてのこと、さらには後のことやそれ以降のことといった意味・ニュアンスも、「往」という言葉に含まれているとされています。 正義感の強い方であれば、そのような人たちに「そこは違うよ!ルールを守ろう」と伝えるはずです。 「既にあること・過去」の意味もあり、この場合は「既往」のように使います。