ジョディ フォスター タクシー ドライバー。 【特別映像】ジョディ・フォスター、『タクシードライバー』撮影初日に「泣いた」

タクシー ジョディ ドライバー フォスター

🖕 大勢の前で権力者を殺害した有名人か、娼館を襲った人間になるかの分岐で、彼は結果的に未成年売春の現場を明らかにして少女を助けた形になった。 アメリカ・ニューヨークの小さなイエローキャブタクシー会社に一人の青年が訪ねてきた。 数日後、ベッツィとのデートの日の夜。

6
タクシー ジョディ ドライバー フォスター

🌭 初日から恥ずかしかった。 自らモヒカン頭に刈り上げ、銃やナイフを仕込んでパランタイン大統領候補の演説集会に向かうトラヴィス。 聴講生としてならば(正規の大学の単位は出ないが)特に難しい試験・面接など経なくても簡単な手続きで同大学の教室に入り、講義を聴くことができるのである。

16
タクシー ジョディ ドライバー フォスター

😅 ある日、トラヴィスは次期候補、チャールズ・パランタインの事務所付近を通りかかる。

タクシー ジョディ ドライバー フォスター

☮ 関連項目 [ ]• 映画「ノーカントリー」の登場人物たちと同じように、主人公のトラヴィスは1973年5月にUSマリーンズを除隊したベトナム戦争の帰還兵という設定です。 公開からさほど間をおかずに、学校の上映会で学友たちと鑑賞。

タクシー ジョディ ドライバー フォスター

🤜 トークセッションではこのほかにも、ロバート・デ・ニーロ演じるトラビスのモヒカンについての裏話や、音楽収録後、その夜に亡くなってしまった音楽のバーナード・ハーマンとの思い出など約40分間にわたって語られている。 一方でトラヴィスはタクシー運転手になれたものの、癖のある乗客や退廃した大都市、そこにたむろする麻薬中毒者や売春婦等に複雑な感情を抱いていた。

タクシー ジョディ ドライバー フォスター

☏ いかにもこの道のプロなんですよ、という感じ。 弾切れで出来なかったけど。 ジョディさんは、食事と体育の時間以外は、 すべてフランス語で授業を行うこの高校を、 1980年、主席で卒業されると、 ハーバード大学、コロンビア大学と、 名だたる大学を蹴って、 名門、イエール大学に入学されています。

2
タクシー ジョディ ドライバー フォスター

😎 この人、高倉健のやくざ映画の大ファン。 社交性にやや欠け、同僚たちからとあだ名されるトラヴィスは、余暇はに通ったり、深い闇に包まれたを当てもなく運転する、という孤独の中にあった。

5
タクシー ジョディ ドライバー フォスター

😔 タクシードライバー• ある夜、タクシーを止め、路上で会社の同僚達と話していると、トラヴィスの車にベッツィーが乗り込む。 主人公が、日常に密接してるタクシードライバーだからなおさらだ。

5
タクシー ジョディ ドライバー フォスター

☎ そして、ついに、ジョディさんから拒絶され、 ジョディさんとの接触を絶たれたヒンクリーは、 ジョディさんの気を引くために、 ジョディさんの目の前で、 自殺を図ることを思いつくのですが、 やがて、 「歴史上の人物としてフォスターと同等の立場になるため」 と考えるようになり、 大統領の暗殺を企てるようになったのでした。